MENU

塗プラス

愛知県名古屋市の外壁塗装・屋根工事
塗PLUS(トプラス)公式サイト

安江工務店
飾り線

BLOG

外壁担当スタッフブログ

2019/02/26

アスファルトシングル屋根工事②

いつも安江工務店外装ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

外装劣化診断士のアイザです。

 

さて、先日の記事でご紹介しました、アスファルトシングル屋根の葺き替え工事。

実際の作業についてご紹介します。

 

既存の屋根の上に、ルーフィング、いわゆる防水シートを貼っていきます。

 

ルーフィングの上に、横暖ルーフを軒先から順番に取り付けていきます。

横暖ルーフは、長い板状になっており、上部をビスで固定し、そこに上の段の先端を被せていきます。

その為、軒先から順番に張り、だんだんと棟へ向かっていきます。

 

最後に、棟やケラバに板金を被せていきます。

 

これで、屋根のカバーは完了です!

屋根の形状が入り組んでいると、色々と手間が掛かるのですが、

今回は一般的な切妻の形状でしたので、2日間程で完了しました。

 

ちなみに、屋根の軒先の方についている突起物は、雪止めになります。

雪止めは付けないことも多いですが、今回は4階建てという高さと、

歩道やお隣の敷地へ雪が落ちそうな位置だったため、

両面に雪止めを付けさせていただきました。

 

また、今回は元々大型の樋が付いていたため、雨樋はそのまま利用していますが、

屋根を葺き替えると厚み(高さ)が変わるため、雨樋の交換が必要になることが多いです。

現場調査の際には、そういった点も確認致します。

 

これで、台風でも安心で、軽くて家に負担も掛けず、

長く安心してお住まいいただける屋根になりました。

 

M様、ありがとうございました。

2019/02/20

四面楚歌

みなさんこんにちわ。

 

 

コムデギャルソンのハートのシャツで子供号泣。

 

 

さてさて今週からまた外装のに関係するブログを書いていきます。

 

 

本日は我々、外装相談員が現地調査の時に使う道具を紹介していきます。

 

 

まずこちら

 

 

 

 

これはポピュラーですね。はい、クラックスケールといいます。

 

 

読んで字の如くクラックをスケールします…。

 

 

ヒビの太さを測る道具ですね。ちなみに0.3mm以上のヒビがあると何かしらの処置(補修)をします。

 

 

続いてこちら

 

 

はい、ウィンガーディアムレビオーサ!ではなく打診棒というもので

 

 

主にマンションのようなコンクリート下地等に使用し

 

 

 

 

このように転がして浮きを音で判断する道具です。

 

 

軽い音→タイルの浮きが発生している 重い音→タイルがしっかり付いている

 

 

では次

 

 

 

 

スコープというもので虫眼鏡のようなものです。

 

 

目視で中々見えない外壁のひび割れ等の細かい劣化を見るのに使います。

 

 

 

 

覗き込むとこんな感じで目視では中々見えない劣化が見れました。

 

 

では最後に

 

 

 

サーモグラフィーですね。熱に反応するもので

 

 

主に雨漏り調査の時に使います。

 

 

雨が漏れているところが青く映ったりするので

 

 

水の入り口を発見できます。

 

 

このほかにも以前ご紹介した高所点検カメラや下地探し(大工さんが良く使う先端が針になっているもので外装では

 

 

ヒビ割れに刺して深さを測る)などもありますので

 

 

また今度紹介します。

 

 

では、

2019/02/19

 

 

こんにちは、長崎です。

 

 

今日は雨です。

こんなに雨が降ったのは久しぶりな気がします。

今日の工事はお休みです…

 

ところで、雨漏れって怖いですよね…

雨水は細かいクラック(ヒビ)や隙間から侵入するので

外装工事はそういった「水の入り口」に対しシビアに行う必要があります。

 

 

雨漏れの事例を1つ…

こちらは雨漏れ被害により

破風、軒のモルタルが破損しております。

 

原因は、瓦とモルタルが面で仕上がっていた為

瓦とモルタルの隙間から雨水が侵入してしまい

雨漏れを起こしておりました。

 

こちらは、現在工事中のお客様の写真です。

 

また、完成後どのような工事だったかを

ご覧頂けたらと思います。

 

では

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/02/18

アスファルトシングル屋根工事①

いつも安江工務店外装ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

外装劣化診断士のアイザです。

 

今回は、工事事例をご紹介します。

先日のブログで、長崎がご紹介しました「横暖ルーフ」を使用した現場です。

 

↓こちらが施工前。

 

アスファルトシングルという屋根材で、日本ではそんなに多くありませんが、

北米ではポピュラーな、長い歴史のある定番の屋根材です。

 

シート状で柔らかいため、複雑な形状の屋根にも施工でき、扱いやすい屋根材です。

また、スレート系屋根材のように割れたり、金属系屋根材のように錆びたりする心配がありません。

軽量で耐震性にも優れています。

 

ただし、シート状のものを貼り付ける葺き方のため、強風で捲れてしまうことがあります。

今回の工事も、昨年の台風で一部が剥がされてしまったための工事です。

上の写真の中央辺りが、剥がれてしまった部分です。

 

このままですと雨漏れの心配がありますので、屋根を直さなければいけません。

アスファルトシングルのメンテナンスには色々な方法がありますが、

今回は、長い目で見てより安心な、葺き替え(カバー工法)を施工させていただくことになりました。

 

葺き替えには、同じアスファルトシングルで貼り替えたり、上から貼り重ねたりする方法もありますが、

実はこちらの建物は4階建てで、風の影響を受け易いため、横暖ルーフでカバーすることをご提案致しました。

 

今回はここまで。

次回からは、実際の工事状況や、他のアスファルトシングルのメンテナンス方法などをご紹介していきます。

 

2019/02/16

琉球あいらんど

皆さんこんばんわ。

 

ビリーズブートキャンプ入隊。

 

たまにはお仕事以外のことを…

 

本日は先日、妹の結婚式で沖縄に行ってきました。

 

 

とんでもない透明感~

 

 

泡盛り飲みすぎてけがをしている足に痛みを抱えた4日間でした。

 

来週から通常ブログに戻ります。

2019/02/12

屋根について

こんにちは、長崎です。

 

今回は屋根について!

 

屋根って色んな種類がありますよね。

瓦、スレート、板金等々…

 

その中でもリフォームで良く使用する屋根材について2点ご紹介します。

 

 

 

横暖ルーフ

板金屋根です。

瓦→横暖ルーフ、カラーベスト→横暖ルーフというように

軽量化、耐久性、断熱性を上げる為に使用することが多いです。

元がカラーベストであればカラーベストの上からカバーすることができます。

※条件あり

 

こんな感じです。

 

断面がこちら

断熱材が入っております。

 

こちらを葺くことで断熱性能が上がります。

 

 

ルーガ

瓦なのですが軽量瓦となっております。

今が瓦で、瓦にこだわりのある方はもってこいです!

風格もあり、奥ゆかしいです。

 

 

先日までは「台風で屋根が飛ばされた」というお問合せが

多数ありました。

 

現在でもちらほらと頂くことがあります。

 

築年数が経過している方は建物の耐久性を意識してはいかがでしょうか?

 

 

今日は以上です。

 

2019/02/11

東京出張行ってきました。

安江工務店外装ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

外装劣化診断士のアイザです。

 

先日、東京へ出張に行ってきました。

目的地は「ハイアットリージェンシー東京」

プライベートで利用することはないであろう場所です(笑)

場所は新宿、都庁の真横になります。

実は千葉県出身の私、学生時代は東京に住んでおり、新宿もよく来ていました。

東京マラソンにも2回出場しており、都庁を懐かしく眺めておりましたが、

久々の新宿はいろいろ変わっていて、迷いそうでした。

 

さて、ハイアットリージェンシーでの目的は、「アステックペイント全国加盟店会議」への参加です。

 

(私が壇上にいる訳ではありません・・)

 

アステックペイントという塗料メーカーさんですが、一般的には流通しておらず、

建築業界以外の方はあまりご存知無いかと思います。

技術認定を受けた施工業者にしか材料を販売しない、加盟店制度を採っているメーカーさんです。

弊社でもよく使用させていただき、お客様からもご好評いただいています。

https://astec-japan.co.jp/

 

そんなメーカーさんの全国会議。全国から加盟店の皆さんが集まり、様々な発表が行われます。

今回も新商品の発表や、全国の加盟店さんがどんな活動をしているかなど、

刺激的なお話がたくさんありました。

 

そして、アステックペイントさんはお茶目な会社さんで、

いつも会場に行くと、テーブルの上にはユーモアのあるちょっとしたお土産が置いてます。

今回はこちら↓

 

 

なにやら小さい缶が置いてありました。

ラベルをよく見ると、アステックペイントの主力商品である「超低汚染リファイン」のパロディーになっています(笑)

本来は商品名の末尾が「IR」なのですが「愛R」となっています(笑)

缶を回してみると・・・

 

 

これまたユーモアのある取扱説明と担当者さんからのメッセージです。

そしてその中身は・・・

 

アステックラベルのチロルチョコ(笑)

 

そんなお茶目なアステックペイントさん。

色々と他メーカーさんには無いような、高性能な塗料を生み出しています。

これからもお世話になります!

 

アステックペイントの塗料って?という方は↓

https://astec-japan.co.jp/

2019/02/06

点検用カメラ

皆様こんばんわ。

 

冬将軍到来の今日この頃、皆様銅お過ごしでしょうか。

 

朝は寒く昼は暖かいので体調管理が難しくなってきています。

 

皆様もお体には十分お気を付け下さいませ。

 

さて先週の現地調査にて

 

高所点検カメラを使った時のお話をします。

 

高所点検カメラとは読んで字の如く

 

高所を点検するカメラで

 

特に梯子で登れない屋根(傾斜が強い、滑りやすい屋根材)

 

の現状を確認するためのものです。

 

お客様のご意見の中に屋根に登るのに抵抗があるというのが

 

あり(乗ると割れる可能性があるので)非常に画期的なアイテムで

 

さらに画質等も高性能なので細かなヒビ等の確認が出来ることや

 

 

なによりリアルタイムでお客様と画像を確認できるのでかなりの優れものです。

 

安江工務店ではこのように外装に特化したアイテムで

 

お家の上から下までしっかりと診断させて頂きますので

 

そろそろ外壁、屋根の塗り替えと思ったらじゃんじゃんご相談下さい。

 

では。

 

2019/02/06

点検用カメラ

皆様こんばんわ。

 

冬将軍到来の今日この頃、皆様銅お過ごしでしょうか。

 

朝は寒く昼は暖かいので体調管理が難しくなってきています。

 

皆様もお体には十分お気を付け下さいませ。

 

さて先週の現地調査にて

 

高所点検カメラを使った時のお話をします。

 

高所点検カメラとは読んで字の如く

 

高所を点検するカメラで

 

特に梯子で登れない屋根(傾斜が強い、滑りやすい屋根材)

 

の現状を確認するためのものです。

 

 

お客様のご意見の中に屋根に登るのに抵抗があるというのが

 

あり(乗ると割れる可能性があるので)非常に画期的なアイテムで

 

さらに画質等も高性能なので細かなヒビ等の確認が出来ることや

 

 

なによりリアルタイムでお客様と画像を確認できるのでかなりの優れものです。

 

安江工務店ではこのように外装に特化したアイテムで

 

お家の上から下までしっかりと診断させて頂きますので

 

そろそろ外壁、屋根の塗り替えと思ったらじゃんじゃんご相談下さい。

 

では。

 

2019/02/05

ヘリコプター?UFO?

 

 

こんにちは、長崎です。

 

 

突然ですが、これは何でしょうか…?

 

 

飛んでるヘリコプターを撮影した訳ではありません。

もちろんUFOの撮影に成功した訳でもありません。

 

 

こちら、『ドローン』です!!

 

 

先日、ドローンの体験飛行をさせて頂きました!

生ドローンは初めて見ましたが、少年心をくすぐられました…

大量の蜂が飛んでるような音がしました(笑)

 

 

 

以外と操作は簡単みたいです。

高さ:80m、距離:3㎞くらいまでは届くみたいですよ!

やはり飛ばすには許可がいるみたいですが…

 

 

このドローンにカメラを付ければ

屋根などの高所の撮影を簡単にすることができますね!

 

現状、屋根の点検は実際に上って確認をしておりますが

急勾配の屋根ですと上ることができないので

あったら便利ですね(笑)

 

 

導入されないかな~???

 

CONTACT

お見積り・ご相談は無料です。
お気軽にお問い合わせください!