外壁担当スタッフブログ

複合防水工事①

2020/07/20

安江工務店外装ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回は、ちょっと変わった防水工事のご紹介です。

 

1階の窓際への雨漏れでご相談いただきました。

調査したところ、どうやら2階の戸袋周辺から漏れている気配・・・

 

 

雨戸戸袋が防水面に接しており、内側に水が廻っている様子です。

そこで戸袋表面の板金を捲ってみました。

 

 

戸袋内は防水がされず、木材が腐食していました。

そこで、板金を捲って内部まで防水を掛け、木材を差し替える工事を行いました。

 

 

さて、防水の工法は何でいこう・・・?

防水工事には、下地の状況や形状、範囲に応じて、様々な工法があります。

写真でもお分かりの通り、既設防水は「シート」タイプになっています。

そこからいくと「塩ビシート防水機械固定工法」が適しているのですが、

この工法では、凸凹した形状や細かい部分の防水には向いていません。

 

そこで今回採用したのは、「塩ビシート防水機械固定・ウレタン防水併用工法」としました。

これは、平面は塩ビシートでしっかり張り込み、周囲はウレタン防水で、

凸凹や細かい部分もしっかり塗り込んで防水する工法です。

 

次回は、工事の様子をお届けします。

ではまた。

     
外壁塗装 屋根工事 無料診断 メールでのお問合せ 外壁塗装 屋根工事 無料診断 無料診断、電話でのお問合せ
外壁塗装 屋根工事 無料診断 電話でのお問合せ外壁塗装 屋根工事 無料診断 メールでのお問合せ
ページトップへ戻る