外壁屋根劣化診断

家は構造・材質・経過年数によって、様々な修繕の仕方やアフターメンテナンスの方法があります。「外壁屋根劣化診断」で最善の方法をご案内。

外壁はもちろん、普段見る事ができない屋根なども、劣化状況の診断を写真を使ってきめ細かく診断いたします。お家の状態をお客様にご確認頂いた上で施工をはじめるため、不明瞭な補修や工事は一切発生いたしません。

 

外壁屋根劣化診断の流れ

【Step 1】診断のお申し込みを頂き、訪問する日時をご相談の上決定いたします。

【Step 2】約束の訪問日時にスタッフがお伺いいたします。

【Step 3】屋根・雨どい・外壁・付帯箇所(目地・窓枠等)などの状態を写真で撮影します。

【Step 4】劣化の状況について、お客様にご報告いたします。

 

わかりやすく、納得できるお見積書を提出いたします。

診断の結果に基づき、防水、汚れ防止、遮熱など、様々な特徴をもつ塗装プランを、お客様のお家の診断結果に基づいた正確な塗装面積で作成いたします。「外装塗装工事一式」などの、大雑把な見積もりは一切行いません。

◆塗料面積の根拠

◆各部位で使われる塗料の名前

を明確に記載した、わかりやすい見積書を提出いたします。

 

高い技術力によるこだわりの塗装工事で、高品質の仕上がり

見積書の内容をご納得いただき、最終工事内容の確認をしっかりと行った上でご契約を交わし、お客様の日取りのご希望をふまえて工事実施時期を決定し、塗装を行います。

 

足場工事

塗装の作業効率はもちろん、工事中の安全対策、近隣への配慮のためにしっかりとした足場を組み工事を開始します。足場代を安くする簡易足場は使用いたしません。

 

養生

サッシやガラス面など、塗装をしない部位はビニールシートできっちりと養生。塗装するお家だけでなく、近隣や植木、お車などの周囲環境への配慮も徹底します。

 

塗装面の洗浄

塗装する壁面が汚れていると、塗料が壁面に密着せず、塗料の性能を十分に発揮できないだけでなく、はがれやひび割れなどの密着不良の原因になります。高圧洗浄で念入りに壁面の洗浄を行った後に塗装にとりかかります。

 

塗装前の下地処理

お家の壁の劣化状況や築年数に合わせて、ひび割れの補修、不良塗料の除去など、きめ細かい下地作りを行います。この工程をしっかりと仕上げることで、塗料の性能を十分に引き出し、美しい塗装をつくります。

 

塗布量を厳守

塗料の塗布量は、塗装後の壁面の耐久性に関わります。基準塗布量を厳守し、使用した塗料を写真に撮影して施主様へ提出。塗料の多すぎ、少なすぎを防止します。

 

塗り重ね時の乾燥時間を厳守

塗料は、販売メーカーにより適切な乾燥時間が決められています。その基準をしっかりと守り、下塗りをきちんと乾かしてから重ね塗りを行います。乾かないうちに上から重ね塗りをすると、正常な塗膜の形成ができず、塗装の早期劣化を引き起こします。

 

工事完了検査(施主立会)・お引渡し・アフターフォロー

完工後は、屋根・壁をはじめ、樋・破風・軒天・コーキング打ち替えなどの細部まで細かく検査を行います。さらに、施主様のお立会いのもと、仕上がり状態や周囲への塗料の飛散がないかなど、しっかりとした確認を行います。

検査の結果は【工事完了報告書】として、完了後のお家から、使用塗料、塗布量、施工内容、検査結果を記載した報告書を作成。資料として残る形にして、施主様へ提出いたします。

 

 

外壁塗装・外壁リフォームの費用・相場

外壁塗装・外壁リフォームの予算に関してお考えの方へ

外壁塗装・外壁の費用に関して漠然としたイメージしかない人もいるかと思います。

ここでは、 それぞれの価格帯で、それぞれどのような外壁塗装・外壁のリフォームが実現可能かを紹介していきます。外壁塗装・外壁リフォームの予算に関してお考えの方、是非参考にしてみてください。

予算180~300万円

この価格帯は主に、「張り替え工法」でモルタルや土壁などの塗り壁からサイディング(外壁材)へ変更する場合になります。

例えば、モルタル外壁を窯業系のサイディングへ貼り替えると、250万円程度かかります。内訳としては、サイディングや下地用材料などの材料費と、モルタル壁をはがしてすべて取り除き、下地の工事を行い、サイディングを貼り付けるまでの一連の工事費用になります。

「張り替え工法」では、工事の過程で、シロアリや腐れ部の確認、及び、補修や、柱頭、柱脚、筋違いの金物の補強ができます。さらに、外壁を留めてあった木の下地や、断熱材、防水シートなども確認でき、取り替えることができるため、建物の寿命を伸ばすことにつながります。

 

予算130~200万円

この価格帯は主に、「重ね張り工法」でモルタルや土壁などの塗り壁からサイディング(外壁材)へ変更する場合になります。

例えば、既存のモルタル外壁にアルミ製のサイディングを重ね張りすると、180万円程度かかります。内訳としては、サイディングや下地用材料などの材料費と、モルタル壁に下地処理を行い、その上にサイディングを貼り付けるまでの一連の工事費用になります。

「重ね張り工法」では、外部の騒音を減らすことができ、既存の外壁と重ね張りしたサイディングが一体化することで、耐震性を高めることができます。また、既存の外壁を解体しないため、廃材の発生を削減することができ、環境にもやさしいリフォームが可能です。

 

予算80~150万円

この価格帯は主に、外壁の塗り替え工事を行う場合になります。塗料の種類により価格は大きく変わります。

例えば、アクリル系の塗料であれば65~100万円程度、シリコン樹脂塗料であれば95万円程度、フッソ樹脂塗料であれば140~250万円程度かかります。それぞれ内訳としては、塗り替えのための塗料などの材料費と、工事費用になります。

塗料の種類によってメンテナンスサイクルの期間も変わってきます(通常、耐用年数が長いほど価格が高くなります)ので、ライフプランにあわせて選択する必要があります。

また、いくら高価な塗料を使用したとしても、メンテナンスフリーというわけではないため、定期的なメンテナンス費用も念頭に置く必要があります。

 

予算20~40万円

この価格帯は、主に、コーキングの交換を行う場合になります。コーキングとは、建物の防水や気密性を保つため、施工される隙間にゴム状の材料を流し込むことです。

例えば、窓枠と壁のつなぎ目部分の補修には、25万円程度かかります。内訳としては、コーキング材(隙間に流し込むゴム状の材料)などメンテナンスに必要な材料費と、工事費用になります。

なお、コーキング材の経年劣化は隣接する外壁材にも影響を及ぼし、ひび割れなどを引き起こす原因となるため、5年程度を目安にメンテナンスを行う必要があります。

 

 

外壁塗装・外壁リフォームの目安・時期

外壁のリフォーム・外壁塗装をお考え中の方へ

建物が老朽化しているかどうかの判断は難しく、一般の方にはなかなか判断ができません。しかし、パッと見ただけで分かるものもあります。建物の外壁に下記のような症状が見られたら塗り替えどきかも知れません。

外壁塗装の目安は、主に5~10年です。まずは、お住まいの外壁を見て、劣化状況を確認することをおすすめいたします。

 

外壁の症状・状態をチェック!

1つでも下記のような症状が出ているお宅は、プロにご相談ください

 

  • 外壁にひび割れがある
  • 外壁を触ると、手が白くなる
  • 外壁塗装がハガレている
  • カビが生えている
  • 表面に小さな穴がたくさんあいている

 

外壁塗装のメリット

外壁の塗り替えによるメリット

壁の塗り替えは必要なのかどうか、疑問に思う方も少なく無いのではないでしょうか。屋根や外壁の塗装は年月と共に劣化します。また、亀裂やヒビ割れが生じ、そのまま放置しておくと建物の劣化はますます進み、悪影響を及ぼします。

これから紹介する外壁塗り替えによるメリットを今現在得られておりますでしょうか。これらのメリットを確認して頂き、外壁の塗り替えが必要かどうかの判断に是非お役立て下さい。

 

メリット1:寿命を延ばす

外壁の塗り替えは必要なのかどうか、疑問に思う方も少なく無いのではないでしょうか。屋根や外壁の塗装は年月と共に劣化します。また、亀裂やヒビ割れが生じ、そのまま放置しておくと建物の劣化はますます進み、悪影響を及ぼします。

 

メリット2:美観を維持する

外壁は年中、雨や風などから耐えず晒されているので、何もせずにいれば経年劣化で色褪せや剥がれ、ふくれなど外観の変化があらわれてきます。いつまでも美しい建物にするためには、塗り替えが必要不可欠です。建物を美しく塗り替えることは、資産価値の向上に繋がり、新築の様な輝きを取り戻すことが出来ます。

また、新築時とは違ったデザインにイメージチェンジすることも出来ます。色・ツヤ・質感・平滑・凸凹模様等、ご要望に合わせて工事をすることが出来ます。

 

メリット3:節電に効果的

断熱・遮熱塗装をすることにより、真夏や真冬などの高低差のある外気温から建物を守ってくれます。冬は暖かく夏は涼しい、快適な住まいを実現します。室温が外気に影響されにくくなるので、エアコンの使用頻度が減り、省エネ効果が生まれ電気代の節約に繋がります。

 

メリット4:建物を保護する

塗料を塗り塗膜を作ることによって、紫外線や風雨、地震や台風による揺れ等から守ることが出来ます。このように建物の耐久性を高めることによって、劣化の原因から大切な建物を守ります。傷みを放置する事によって、修繕費がかさむことにもなりかねませんので、経済的であると言えます。

 

メリット5:防水性効果

塗料は撥水性が高く、雨を弾いて浸水しないようにしてくれます。ヒビ割れ等、外壁が劣化し防水機能がなくなった状態のままにしておくと、雨水が家の中に浸入してしまい、梁や柱が腐っていきます。ヒビ割れ等の劣化に気がついた時は早めに塗料の塗り替えを行うようにしましょう。

 

 

外壁塗装のポイント

外壁塗装は、一番安い見積価格のものではなく…長い目で長持ちするものを選ぶのが賢い選択!

外壁塗装をすることで大切な住まいの「老朽化」や「劣化」を防ぐだけでなく、建物の住性能を向上させるご提案をいたします。単純に外壁塗装をすることで、住宅の見た目はキレイにすることができますが、暮らしに大きな変化はありません。

安江工務店では、住宅性能を向上させ、夏涼しく、冬は暖かい空間を実現し、光熱費削減にも貢献します。

 

外壁塗装をする前に確認しましょう!

補修と下地処理

下地処理や材料選びが未熟だと、3年後にはボロボロになるケースも……

⇒専任の塗装職人が責任をもって施工。見えない部分も丁寧に作業します。

 

塗料選び・重ね塗り

実は、3度塗りの契約でも1回しか塗らない業者や、塗料を薄める業者も!

⇒100%自社で施工監理しています。下請け・孫請けに丸投げ工事はいたしません!

 

ご提案内容

工事が終わったら……びっくり!こんななずじゃなかった……と後悔しないために!

⇒事前にお客様のご要望に沿ったご提案をします。 仕様が決定後にご依頼いただきます。

 

お見積り

「○○○工事一式」のような不明瞭でドンブリ勘定的な見積りでは納得できません。

⇒足場の費用、塗料の種類、重ね塗りの回数、詳細までお見積りいたします。

 

アフターサービス

会社選びは、工事後のアフターフォローにも着目してください!

 

 

失敗しない塗装業者の選び方

外壁塗装・外壁リフォーム業者の選び方のポイント紹介

外壁は家の外から誰でもチェックできるため、業者にとって営業しやすく、外壁塗装・外壁リフォームは悪質業者が横行しやすい分野になります。悪質業者にひっかかり、せっかく貯めたお金を無駄にし後悔したくはありません。

ここでは、外壁塗装・外壁リフォーム業者の選び方のポイントを紹介しますので、是非参考にしてみてください。

 

価格だけに固執しないこと

単純に価格の安さを1番の売りにしている業者には気をつけましょう。

見積書と違う安価な塗料を使われたり、2度塗りすべき箇所を1回で済まされたり、手抜き工事をされるかもしれません。安さには必ず理由があります。価格の根拠をしっかりと説明してくれ、納得できなければ、その業者はやめるべきであると思います。「費用はできるだけおさえたい。」「安ければ安い方がいい。」と考えるのではなく、まず、業者のことを信頼できるかを1番に考える必要があります。

 

書面でのやりとり

口頭だけで済まし、書面でのやりとりを行わない業者には気をつけましょう。

事前に口約束で費用を決めたが、後々になって追加の費用や大幅に高く費用を請求されたりするかもしれません。対応してくれる業者の担当は裏表がある可能性もあります。工事の内容や費用について書面に残さず話が進んでいく業者はやめるべきであると思います。

リフォームされた住まいにずっと住むのは業者の担当者ではないですし、後々のトラブルを防ぐためにも、しっかりと書面で残してくれる業者である必要があります。

 

過去の実績のチェック

その地域での実績がなく、最近でてきたような業者には気をつけましょう。

今は何の噂もなく安心できそうな業者であっても、数年先に手抜き工事など発覚してしまうかもしれません。単に今はボロがでていないだけの可能性もあります。過去の施工事例などを見せてもらい、外壁塗装・外壁リフォームの経験が少なかったり、分野やセンスなどがあわないような業者はやめるべきであると思います。

また、インターネットを利用して業者のホームページを確認したり、評判や口コミなどの情報取集を積極的にする必要があります。長くその地域で実績のある業者であれば、評判の悪くなるような工事はせず、悪い口コミなどはない傾向にあります。

 

専門的な知識や経験のチェック

専門的な知識や経験の乏しい業者には気をつけましょう。

塗料を用途の違う使い方をされたり、不必要な工事をされてしまうかもしれません。住まいの寿命を縮めてしまう可能性もあります。本来、外壁塗装・外壁リフォームには高度な専門知識や豊富な経験が必要であり、現在の住まいの状況や、作業の進め方、材料の内訳や各効果などの質問を行い、的確に答えてもらえなかったり、回答に不安を覚えるような業者はやめるべきであると思います。

また、高度な専門知識や豊富な経験がある業者であれば、住まいの現状と顧客の要望の度合いにあわせて、それらをぎりぎり満たすような塗料から逆に付加価値の高い塗料まで把握しており提案できる能力を持ち合わせているため、いくつかの見積もりのプランを作成してくるような業者を選ぶべきです。

 

 

初めてのかたへ

安江工務店とは?

創業48年、リフォーム施工実績74,000件超

安江工務店は、名古屋市近郊に10店舗を構え、地元密着で48年の歴史があります。また、リフォーム施工実績も74,000件超!その歴史と実績で外壁塗装にも強いです。

 

 
 

私たちは外装のお店ではありません

ほんとに、外装の塗装をすることがお宅に必要なことなのでしょうか?

私たちはペンキ屋でも、塗装屋でも、防水屋さんでもありません。

多数の実績を持つ総合リフォーム店です。

外装塗装はもちろんのこと、お住まいに対する様々なご要望、ご希望もお聞かせください。

外装塗装をただするだけでなく、お客様のお住まいにベストな方法のサービスをご案内させていただけます。

家のメンテナンスは必要なことです。ですが、答えが外装の修繕だけではないのです。

お客様のお住まいにベストなメンテナンスプランをお話し、考えていくべきだと思っています。

 

 
 

安江工務店で外壁塗装をするメリットって?

塗装店ではなく「総合リフォーム店」

塗るだけでなくお住まいの状況にあわせて、雨樋の取り換えや屋根の葺き替えなど様々なご提案をさせていただきます。

後になってそれらの工事をすると、足場代が二重にかかったり、工程も長くなったりすることが起こります。それらをなくし、全体の総コストを下げたご提案や施工をすることができます。

 

 

職人任せではない、しっかりとした管理

職人が直接使用を決める塗装店の場合、耐久性などの性能よりも、職人が塗りやすい塗料を選定してしまうことがあります。

安江工務店ではお客様に適した塗料は何かを選定し、職人任せではなく、適正な施工がされているかを管理します。
 
 

     
外壁塗装 屋根工事 無料診断 メールでのお問合せ 外壁塗装 屋根工事 無料診断 無料診断、電話でのお問合せ
外壁塗装 屋根工事 無料診断 電話でのお問合せ外壁塗装 屋根工事 無料診断 メールでのお問合せ
ページトップへ戻る